RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 43歳 男性 会社員 分離症を伴った腰痛 | main | 38歳 男性 一週間前に始まった背中の痛み >>
48歳 男性 起床時に感じる肩こり
来院の2,3ヶ月前から感じるようになった両肩のこり。朝起きるときに一番強く感じており、体を動かすと楽になる。思い当たる原因ははっきりとしていないが、半年前から仕事内容が営業からデスクワークへと変わったということがある。毎朝症状が続いているのでどうにかしたいと思いTRINITYカイロプラクティックに来院。

<初診時の症状>
・ 頸部の可動域検査では、左右の回旋で反対側にハリ、伸展で首の付け根辺りのつまり感と痛み。
・ 上部僧帽筋に過緊張と圧痛。
・ 姿勢は背中が丸くなっていて、頭が前に突き出した状態。
・ 副訴として、月曜の夕方に起こる頭痛がある。

<施術後の経過>
初回の施術では、背骨の柔軟性と可動性の減少がみられたので、それらを改善させることと症状を起こしていると思われる筋肉の過緊張に対しての緩和操作などを主に行った。施術後の翌日に肩周りのだるさがあったが、それ以降朝の肩こりは感じていない。肩が楽になった分首の違和感がある。また、月曜の頭痛は変わらずあった。
2回目の施術後は、疲れてくると肩にだるさを感じるものの、朝の肩こり・首の違和感・月曜の頭痛のどれも起こることはなかった。
3回目以降も、状態は改善されたままを維持できていた為施術を終了。


担当 新田コメント

人間は起きている間ずっと重力下にいるので、重たい頭を支える為に首や肩周りの筋肉は常にある程度の緊張状態にあります。もしも筋肉だけの働きで頭の重さを支えなければならないと、過緊張状態になり疲労が溜まり痛みなどを起こしやすくなります。そうならない為に、人間の背骨にはS字の弯曲が存在し、頭や上半身の重さを上手く分散しています。また寝ている間は、唯一背骨が重力から開放されるときですので、このときに上手く力が抜けない状態があれば、朝なのにコリを感じるということがあります。
枕が合っていないという理由が多くありますが、背骨の構造に問題があり、寝ているときにも首周りの緊張が取れない可能性もあります。いくら枕を変えてもなかなか良くならない症状をお持ちの方は、一度カイロプラクティックにご相談下さい。


肩こり 横浜
| 肩こり/頭痛/首の痛み(肩こり) | 17:13 | comments(0) | - | - | - |