RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 68歳 女性 歩行困難で生活に支障が現れています・・・ | main | 65歳 女性 大学の恩師が膝と股関節と殿部の痛みで来院した。 >>
46歳 女性 会社員 頭痛と吐気を伴うくらいひどくなる肩こり
慢性的な肩こりは記憶にないくらい以前から感じていたが、ここ数年で状態が悪化してきた。
仕事柄パソコンに1日中向かっていることがほとんどで、夕方以降になってくると目の疲れを伴って吐気を感じるくらいの肩こりになることがほとんど毎日起こる。
休日は比較的楽な状態だが仕事をすると直ぐにその様な状態になってします。
以前は定期的に運動を心がけ、ジムにも通うようにしていた。その頃も肩こりを感じることはあったが、現在ほどひどくなることはなかった。
<初診時の症状>
仕事帰りに来院したので症状があり、肩から首のこり感と頭痛を伴っていた。
吐気を催すほどではなかったが、このまま放置しておくとその後吐き気を伴うことを自覚していた。
触診上両肩の筋肉(僧帽筋・肩甲挙筋・頸部筋群)の過剰な緊張状態が触知された。
頚椎から胸椎にかけての背骨の関節の可動性が悪く、首がやや前方にスライドしていた。肩も丸くなっており、典型的な猫背姿勢をとっているような状態であった。

<施術後の経過>
初回施術時は肩甲骨及び頸部周辺の筋肉の柔軟性を高めていくような事を行い、丸くなっている肩を開くように胸のストレッチなどを行った。
施術直後の状態はかなりの改善がみられ、患者自身「肩に羽が生えたような状態」というくらい軽く感じられたようであった。
施術計画は週1回程度で行っていくことを伝え、6日後に来院したときにその後の経過を聞いてみたところ3日間は頭痛が出る程の状態にはならず、肩こりも比較的軽い状態で治まっていたが、その後徐々にひどくなり、来院時には初回と同じくらいの状態にまで戻っていた。
その後4回施術を行い、肩甲骨周囲と胸椎及び頚椎の可動性の回復、姿勢の矯正などを行っていった。
現在は2週間に1度のペースに間隔を空けているが、頭痛は1度もなく肩こりも当初の3/10〜4/10程度の状態で抑えられている。



担当 八住コメント

この方の症状は典型的な不良姿勢とその状態でのデスクワークによる肩こり及びそれに伴う筋緊張型頭痛でした。
正直言うと肩こりは「治る」症状ではありません。なぜなら肩こりや慢性腰痛などはその方の生活習慣に密着して出現する症状なので、一時的に改善できても根本的には患者さん自身の環境を変えていかなければなりません。
勿論カイロプラクティック治療で筋肉を緩めたり関節の可動制限を取り除く、「ズレ」を直すといった方法で、姿勢をより良い状態に保ちやすいようにすることによって症状を出にくくしていくことは可能です。
その様な施術に加えて生活の中で何が問題なのか?どのように改善していけばいいか?正しい姿勢の保ち方は?どんな運動が有効なのか?といった問題点や改善点を患者さんと共有する事によって、その方の私生活の中から原因が見つかることがあるし、改善点も見えてきたりします。
このような症状は適切な施術と少しの生活習慣の見直しでも充分改善や予防が可能な症状です。
当クリニックでは患者さん各々の問題点を見つけ出していく事にも力を入れていますのでいつでもご相談下さい。

 

肩こり 横浜
| 肩こり/頭痛/首の痛み(肩こり) | 17:37 | comments(0) | - | - | - |