RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 60歳 男性 会社員 1週間前の朝に首を寝違えてから全く首が動かない状態に・・・ | main | 29歳女性 側弯症による背中のハリと腰痛 >>
46歳男性 マラソンに向けて頑張っていたときに…ぎっくり腰
来院の前日にくしゃみをしたときに電気が走るような痛みが腰に起こった。以前から慢性的なだるさや重さが腰にあった。1ヵ月後に控えているマラソン大会に向けて、30キロ走ったりとトレーニングを積んでいるときで、徐々に体に疲れが溜まってきているなという感じはあったという。ぎっくり腰には何度もなっており、いつもは治るのを待っているが、今回はマラソンの練習も始めたいということで早期回復の為にTRINITYに来院した。
<初診時の症状>
・ 前屈の動作は痛みが起きて、満足に出来ない。
・ イスからの立ち上がりや、立位から座る動作で腰に痛みが起こる。
・ 足を持ち上げる動作で腰に痛みが起こる。
・ 下肢への神経症状はなし。

<施術後の経過>
初回の施術直後は、動作時の痛みが6割減。その後は、腰に違和感がある程度で、動作時の痛みはほとんど感じられなかった。体を前屈させたときに、腰がきしむ感覚がある。
2回目の施術は2日後に来院してもらい、施術後の1週間は痛みや違和感などはなくいつも通りになった。体を慣らすといった意味で、ウォーキングを1時間×2日行ったが、特に問題はなかった。
3回目の施術では、最後の調整を行い施術を終了。


担当 新田コメント

人が歩くときや走るときには、股関節はもちろんですが、仙腸関節という骨盤にある関節がスムーズに動くことが必要となってきます。仙腸関節の働きは、座っているときには上半身の固定・支えとなり、歩行などでは左右の仙腸関節が8の字のように動くことにより歩行をスムーズにさせています。
デスクワークなどで、座った姿勢が多いと仙腸関節の動きは悪くなり、いざ走ろうと思ったときにスムーズに動かないので、腰周りの足を動かす筋肉に負担になります。
この方の症状は、この仙腸関節がスムーズに動いていない状態で長距離を走った為、足を持ち上げる腸腰筋という筋肉などに、普段以上のストレスをかけていました。
単に腸腰筋を正常な状態にするだけではなく、仙腸関節の可動性をつけてあげる事により、早期の改善に繫がったと思います。


腰痛 港北区
| 腰痛&坐骨神経痛(ぎっくり腰) | 13:37 | comments(0) | - | - | - |