RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 29歳 男性 寝ることも困難なほどの寝違え | main | 29歳 男性 右回旋時の首の痛み >>
22歳 男性 鉄筋工 腰に突き刺すような痛みを訴えて来院
腰に感じる突き刺すような痛みの為来院。
腰の曲げ伸ばしで下部腰椎に限局した痛みを訴えていた。昨年の11月位に痛みを感じ始め、当初は足に痺れ感も訴えていた。現在は痺れ感は消失しているものの、咳やくしゃみで限局した痛みを感じる
また、朝の痛みも強くあり、起き上がるのに苦労するような状態が続いている。
仕事は力仕事が主なので、現在の状態では思うように働けず休んでいる。

<初診時の症状>
来院時には少し前屈姿勢で、動かす動作で痛みが強く出ていた。
下部腰椎を軽く押すだけでも痛みが強く出るような状態であった。前屈動作では引き伸ばされるような痛み、後屈動作では詰まるような痛みを感じ、前屈よりも後屈のほうが強い痛みであった。

<施術後の経過>
初回:施術後前屈時の痛みは完全に消失。後屈の痛みに関しては軽減はみられたが
まだ残ったような状態であった。
2回目:治療後日の経過でも前屈時の痛みが復活することなく、伸展時痛のみが若干
の残っていた。
3回目:痛みはほとんど消失。後屈の痛みもなく仕事の支障もなくなった。
4回目:痛みも全くなくなり経過観察上は予後も良好だったので施術を終了した。



担当 八住コメント

この方の症状は典型的な椎間関節症候群の疑いがありました。椎間関節症候群は背骨の関節に異常を起こす事によって様々な問題を引き起こすのですが、この方の場合も腰椎の配列部分の一部に異常を起こし、そこに限局した痛みを訴えているパターンでした。
具体的には背骨の一番下の骨が前方に少し入り込んでいる(前に少しズレている)状態になっていました。
このような状態では腰を反らしたときに前にズレている部分に対して更に前への圧力が加わるため、痛みが強く感じられる場合が多くあります。
施術はこの前方へ少しずれてしまっている部分を後ろへ引き戻すようなことを行い、更に腰部の前湾を強めてしまう筋肉を緩和させ腰椎の前方へ行く力を弱めるといったことを行なっていきました。
結果として4回の施術でかなりの改善が出来たので良かったです。
このような問題は関節に対する施術を得意とするカイロプラクティックが最も有効です。


整体 横浜
| 腰痛&坐骨神経痛(腰痛) | 12:55 | comments(0) | - | - | - |