RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 36歳 女性 妊婦(9ヶ月) 両手首から先の痺れと痛み | main | 55歳 男性 殿部から足にかけての痛みと痺れ >>
33歳 男性 薬剤師 仕事で中腰になることが出来ず困っています・・・
2ヶ月前から腰の背骨のところが痛くなりだして仕事中に支障が出るようになってきた。
元々腰痛持ちだったが2ヶ月前からの痛み方はいつもと状態が違っていた。
慢性的にある腰痛は重く、鈍い痛みが全体的に感じられるような状態であったが、今回の腰痛はピンポイントに背骨のど真ん中が鋭く痛いような腰痛であった。
腰を曲げる動作で痛みが強く、腰を伸ばすと楽になる。夕方以降仕事で疲労してくると腰痛を強く感じるようになった。中腰姿勢だと1〜2分で痛みが強くなるような状態であった。

<初診時の症状>
腰の動作がおもうように出来ず、歩き方が少し不自然な状態であった。前屈は痛みが強くほとんど出来ない状態でした。
痛みは腰椎の一番下の部分と仙骨の連結部分に限局した痛みを訴えていた。

<施術後の経過>
施術初回の翌日にもみ返しがあったがその後2日間は調子が良かった。3日目から症状がでてきた。
2回目施術後は初回ほどの腰のスッキリ感はなかったが、全体的に痛みは軽減している。
3回目施術後にやはり症状が一時的に良いがまた戻ってくる感じがあると訴えていた。
施術の内容を少し変更してみた。
4回目施術後は戻ることも少なく安定していた。
5回目来院時に引越しの作業で片付けなどをしていたら痛みが戻ってきてしまったと訴えていた。
6回目から痛みの度合いは半分以下で安定するようになった。
7回目もかなり軽減した状態で安定していた。まだもう少し継続してみていかなければならない状態であったが、海外へ留学する為施術を終了した。




担当 八住コメント

この方の症状は椎間関節症候群といわれる状態が最も疑われました。
椎間関節症候群とは背骨の関節の可動性が失われてしまったり、正しい位置にないことによって関節の部分で痛みが起こるような状態の事をいいます。
この方の場合仕事柄、中腰姿勢になることも多くあったので腰の関節に限局して負荷の偏りが起こって痛みが出るような状態になったのでしょう。
このような症状が最もカイロプラクティック治療で治しやすいといわれています。
カイロプラクティックは関節の可動性や機能を回復させることによって症状を改善させるのですが、椎間関節症候群のようにその関節機能自体が異常を起こしている症状に対しては直接的かつ有効的な効果を早期に上げられる可能性が高いでしょう。
このような症状でお困りの方はカイロプラクティック治療を受けてみてください。


椎間板ヘルニア 横浜
| 腰痛&坐骨神経痛(腰痛) | 11:20 | comments(0) | - | - | - |