RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 50歳男性 会社員 ゴルフ後から徐々に始まった背部から腰の痛み | main | 38歳 男性 仕事が続けられない程の全身の痛みと痺れ >>
37歳女性 会社員 腰と殿部の痛み
慢性的に、腰と殿部の痛み(特に右側)があり、夕方になるにつれ症状は辛くなってくる。痛みの質は、腰は張りを強く感じ、殿部のほうは鈍痛。床などの硬いところに座っていると痛みは更に強くなる。

<初診時の症状>
・ 殿部の痛みはずっと重たい感じ。押すと痛む。
・ 体の左側屈は大丈夫であるが、右側屈で右腰に痛みが出る。
・ 伸展の動作では左腰に痛みが出る。
・ 姿勢検査では、腰椎の過剰な前弯が見られた。

<施術後の経過>
初回の施術後、腰の痛みと殿部の痛み共に軽くなっている。
2回目の施術は2週間後であったが、その間腰や殿部の痛みが気になる事はなく、硬いところに座っていても痛みは出ていない状態であった。
肩こりや頭痛などの症状も併せてあったので、現在は肩周り中心の施術をしながら様子をみている。


担当 新田コメント

この方の症状は、中殿筋という殿部の筋肉が過剰に緊張している為に起こっているものだと考え施術を行っていきました。殿部の筋肉が過剰に緊張してくると骨盤がやや前傾になり、腰の前弯を強めます。また腰の前弯が強い方は、おしりの筋肉が優位に働きやすくなるので、さらに緊張してきます。
この方の場合、元々腰の前弯が強く、お尻の筋肉が緊張しやすい状態だったのではないかと思います。腰椎の過剰な前弯を正常に近づける施術と、おしりの筋肉の緊張を緩めることで早期に改善がみられました。

| 腰痛&坐骨神経痛(お尻の痛み・臀部の痛み) | 10:02 | comments(0) | - | - | - |