RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 33歳 女性 鏡の前に立つと、姿勢がおかしい・・・ | main | 58歳 女性 すべり症と診断された腰の痛み >>
55歳 男性 大好きなゴルフに支障が出ている・・・
以前にも腕が痺れる事はあったが、1ヶ月前から程度・頻度共に増悪した。
整形外科でレントゲンを撮りC5/6,6/7の狭小化が見られ、変形性頚椎症と診断された。牽引治療と電気治療で日常生活に支障はなくなったが、ゴルフには支障が出ている。10H位から、腕の痺れと握力低下が顕著に現れる。なんとかゴルフを続けたく色々な治療法を探しているうちに、TRINITYカイロプラクティックに辿り着いた。

<初診時の症状>
O 右腕外側面の痺れと痛み
O 右首の痛み
O 首の可動域が狭い
O 右回旋すると腕が痺れる

<施術後の経過>
2回の施術で首の可動域は正常範囲まで広がった。肩甲骨周囲の筋肉を緩和して肩甲上腕関節の可動域も高めたら、ゴルフの飛距離が20Yアップした。
6回の施術後は、15Hから腕が痺れる様になった(10H→15H)
意図的に肩甲骨を下げて、胸郭出口を広げる様な施術を行った後から、18H良い状態が続くようになった。9回の施術後、一日に2ラウンド(36H)行ったが、痺れは現れなくなった。
初診時の主訴は全て取り除くことに成功した。

患者の声


色々な治療法を試したが、ここが一番良かった。
これからも定期的に受けてゴルフを続けていきます。正直、諦めかけていたけど、諦めなくて良かった。



担当 黒崎コメント

カイロプラクティックで、変形した骨を治す事は出来ません。当然、変形した背骨は変形したままですが、関節の機能障害(運動制限)を改善させ、神経の通り道を広げる事は、一部可能です。
今回のケースでは、ゴルフを続けても痺れない身体を作って欲しいとの要望でしたので、100%応える事が出来ました。これからも定期的にメンテナンスを行えば、続けられると考えています。
似たような悩みを抱えている方がいましたらご相談下さい。


横浜 カイロプラクティック
| 手の痺れ・腕の痺れ(変形性頚椎症) | 11:55 | - | - | - | - |