RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 31歳 男性 バイク便配達 バイクから書類を取ろうとしたらグキッと・・・ | main | 30代女性 ランニング中の膝の痛み >>
29歳男性 起き上がりや立ち上がりで起こる腰痛
来院の2週間前頃から徐々に腰に痛みを感じ始めた。ここ最近は仕事が忙しくなってきて疲れが取れづらくなってきたことも影響していると考えている。背筋を伸ばす動作や立ち上がり、朝起き上がるときの動作などで痛みを感じるようになってきた。以前に一度ぎっくり腰を経験しており、そのような状態になる前に対処しようと思いTRINITYカイロプラクティックに来院した。

<初診時の症状>
・ 椅子から立ち上がる動作や、背中を反らせる動作で痛みの誘発。
・ 背中の筋肉を使わずに体を反らせる動作でも腰部(上部)に痛み。
・ 痛みの質は、鈍い痛みが常にあり動作などでズキンと痛む。

<施術後の経過>
初回は、伸展動作を妨げている部分を探し施術を行なった。初回の施術後、翌日は腰部にだるさが出たものの、それ以降の1週間は7割減を維持出来た。
2回目の施術後も痛みの強さは更に減り、痛む頻度も減ってきた。
3回目の来院時には伸展時痛が少し戻ってきていたが、施術後伸展時痛も消失。
その後2週間様子を見て痛みが無いため、施術は終了。


担当 新田コメント

この方は、日頃から仕事で座っていることが多く、腰から背中にかけて丸くなっており、背中を反らしづらい状態にありました。また、家に帰ってくつろぐときもソファーに座ることがさらに状態を悪くしていたと考えられます。
座っている状態では、背骨の前側に付着している筋肉が縮んだまま固定されてしまうので、長時間座った状態からいざ立ち上がろうとしたときに緩んでくれず、筋肉が付着している腰の部分が引っ張られ痛みを生じます。
また筋肉の硬さが続くと、関節も反らす方向への動きが制限されてきて、反らせる方向に働く筋肉にも過剰な負担がかかるようになってきます。
このような症状は突然起こるものではありません。姿勢の崩れなどから徐々に起こってきます。しかし疲れなどが溜まってくると良い姿勢を維持することが難しくなり、腰に負担がかかる丸くなった状態になってしまいます。こまめに疲れを取り、適度に運動することで腰痛などを予防しましょう。


都筑区 カイロプラクティック
| 腰痛&坐骨神経痛(腰痛) | 17:43 | - | - | - | - |