RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 35歳男性 35km走った後からの左膝の痛み | main | 41歳 男性 会社役員 デットリフトをしていてグキッと・・・ >>
46歳女性 太い針で刺されるような腕の痛み
来院の3ヶ月前から仕事でパソコンに向かう時間が増えてきて、この頃から右前腕に痛みを感じるようになった。その後もパソコンでの作業が減らず、右上腕にまで痛みが出てきた。最初の痛みから1ヶ月ほど経った頃には、何をするにも常に痛みが出てくるようになり、整形外科を受診。レントゲンや腕への痛みがあることなどから神経根痛と診断を受け、痛み止めを処方されるも飲まなければ痛みは続いていた。それからの1ヶ月も改善されないままで、心配になり家族の紹介でTRINITYカイロプラクティックに来院した。

<初診時の症状>
・ 痛みの範囲は、肩甲骨の上、後ろから腕、前腕にかけての痛み。痺れはない。
・ 寝ていると痛みは軽減するが、それ以外の姿勢では痛みが増してくる。
・ 朝起きたときから痛みは続いている。
・ 痛みの質は、太い針で刺されるような痛みで、これまでに経験したことのないくらい強い痛み。
・ 一日3回のボルタレン服用で耐えられない痛みは抑えられるが痛みは続く。
・ 右肩甲骨の上辺りにも痛みはある。
・ 頚部の可動検査で右肩甲骨の痛みは回旋以外全ての動きで誘発されるが、上肢痛は誘発されない。
・ 肩関節の可動検査でも上肢痛は誘発されないが、肩関節を動かす筋群に過剰な緊張が見られ、圧痛もある。


<施術後の経過>
初回の施術直後は、前腕の痛みが少し減ったような感覚だが、まだ痛みは続く。
2回目までの1週間は、これまで1日3回服用していた鎮痛剤を飲まなくても耐えられるようになった。また、朝の痛みも軽減している。
痛みの度合いは、当初を10とすると、ピークでも7くらいで、普段はそれ以下。
2回目の施術後、症状はかなり楽になり、PC作業が続いたあとなどピーク時は5くらいになるが、それ以外は3くらいの痛みで、生活への支障がなくなってきた。
3回目の施術後は、痛みはなく、軽い状態となった。
それ以降、自宅でのストレッチをしてもらいながら、継続して施術を行なっている。


担当 新田コメント

この方の症状は、肩関節に付着している筋肉の異常によって起こったものと考え施術をしていきました。
パソコン作業では、腕を前に出した状態で腕の重さを支えなければならないので、長時間続けていると肩から腕にかけての筋肉に負担がかかってきます。姿勢を気をつけたり、こまめに肩を回すことで軽減されますが、痛みの程度や筋肉の緊張状態が強くなってくると、それだけでは対応出来なくなってきます。
この方の場合、痛みを感じながらも仕事で更に負荷がかかってしまったためにこれほどまでの強い痛みになったと考えられます。
痛みや違和感など、いつもと違う感覚が出た場合は、我慢せず早めに対処することが大切です。



肩こり 横浜
| 手の痺れ・腕の痺れ(胸郭出口症候群) | 19:48 | - | - | - | - |