RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 41歳 男性 会社役員 デットリフトをしていてグキッと・・・ | main | 20代主婦 産後3ヶ月頃から始まった腰痛 >>
30代女性 肩から首にかけてのコリと痛み 
これまでも慢性的な肩こりは感じていたが、最近徐々に悪化してきて肩のみではなく首にまで痛みが出てきた。
夕方から夜にかけて凝りや痛みは増してきて温めると少し楽になる。
肩の凝りや痛みが強いのでブロック注射を受けたりマッサージなど受けたりしたが、改善はみられなかった。
この3,4日は特に痛みが強くなってきたためネットで検索してTRINITYカイロプラクティックに来院した。

<初診時の症状>
・ 姿勢検査では、頭が正常な位置よりも5cmほど前方にあった。また胸椎の後弯が強くなっていた。
・ 可動域の検査では、屈曲、右側屈、左回旋の動きで痛みの増悪がみられた。
・ 胸椎の各関節の可動性が著しく減少。
・ 上部僧帽筋、肩甲挙筋は寝ている状態でも常に緊張状態にあり力が抜けない。

<施術後の経過>
初回の施術後、肩周りが軽くなったが夜には戻ってしまった。その後少し楽になった感じはあるが、まだ残っている状態。
3回目の施術後、5日間痛みが減っている状態で、その後戻ったが以前よりは楽。
5回目の施術後は2週間あけてみたが、2週間目で徐々にコリ感が出てきた。
6回目の施術後、自覚症状としてコリや痛みを感じない状態を2週間維持。
その後メンテナンスへ移行。


担当 新田コメント

人間の背骨には、S字の弯曲といって、首には前弯、背中には後弯、腰には前弯のカーブが存在します。これらの滑らかなカーブによって、重たい頭をバランスよく支えています。
しかし、この方の場合、全ての弯曲が強くなっており、特に背中の弯曲が強くなっていました。背中から首にかけての後ろ凸の弯曲が強いことで、頭が前方に変位し、首肩への負担が増している状態でした。
また、弯曲が強いだけでなく、その状態で関節が固定されており、可動性の減少が強くみられました。
関節の可動性が減少してしまうと、たとえ自分で姿勢の悪さに気付いたとしても、思うように姿勢を正すことが出来ません。
今回は、可動性を付け自然に胸を張れる状態に持っていけるように心がけて施術を行いました。
現在、徐々に可動性が付いてきている段階で、筋肉への負担が減ったことにより症状が軽減したと考えられます。



肩こり 横浜
| 肩こり/頭痛/首の痛み(肩こり) | 13:50 | - | - | - | - |