RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 44歳 女性 会社員 右側股関節の痛みを訴えて来院 | main | 35歳女性 妊婦さん(4ヶ月)が全身の不調を訴え来院。 >>
54歳 男性 200〜300mしか連続で歩けなくなった・・・
以前に、整形外科医に脊椎分離症と診断されていたが、特に痛みがあるわけでもなく快適に過ごせていた。
3年前にゴルフを始めたのだが、この頃から少し腰痛と臀部痛を感じるようになった。2年前から症状の程度と頻度が悪化し、最近では足にも痛みと痺れ感を感じるようになった
指圧・マッサージなどに通うが、あまり変化がなく次第に歩ける距離が短くなってしまった
友人の勧めで、TRINITYカイロプラクティックに来院した。

<初診時の症状>
O 200〜300m歩くと、右足(大腿外側・膝外側・下腿外側)の痛みと痺れが現れる。
O 座ったり、しゃがむと痛みが楽になる感じを実感できる。また200〜300mは歩ける。
O 座位や臥位では症状が誘発されない。
O 立位や歩行時に症状が誘発される。
O 腰痛は軽いが、右臀部痛は辛い(太針を刺されている様な痛み)
O 起床時よりも、夕方以降の方が辛いことが多い。

<施術後の経過>
初回は、脊柱管を狭くしてしまう筋肉の緩和操作を中心に行ったが、症状に変化なし
2回目以降は、筋肉の緩和操作+仙骨と腸骨の矯正を行なった。
3回目の施術後、200〜300m⇒300〜500m 太針を刺すような痛みが、中針に減少
4回目の施術後、1000m〜症状出現
この時点で、最初の5倍の距離に伸びた。痛みや痺れの程度は50〜70%減
5回目の施術後、2時間美術館+1時間買い物してもあまり痛くならなかった。 主観的に90%減

2週間後に来院したが、良い状態を保てるようになったと言っていたので、次は3週間後にとの事。



患者の声


200〜300m歩くと痛みと痺れが現れる毎日で、日常生活にかなり支障が出ていました。
3回目以降は、この距離が伸びていくのを実感できたので、かなり期待しました。今でも、教わったストレッチや体操を続けています。
このまま再発させないように継続的に続けていこうと思っています。
また、会社の同僚が、私の症状が軽くなっている事に驚き、紹介して欲しいと聞いてきたので紹介させて頂きました。




担当 黒崎コメント

200〜300mの歩行で痛みや痺れが出現し、座ったり、しゃがんでいると元に戻る。
このような状態を、「間欠性破行」と言います。脊柱管狭窄症と呼ばれる症状の代表例です。
狭窄されている程度にもよりますが、手術を受けなくても改善する例も多々あります。ご相談下さい。



腰痛 港北区

| 腰痛&坐骨神経痛(腰椎すべり症・脊柱管狭窄症) | 18:07 | - | - | - | - |