RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 31歳女性(SE);首・肩・腕・背中の痛み、頭痛の訴え | main | 63歳男性、会社員:1年前から続く瞬間的な殿部痛 >>
27歳女性 デスクワーク:グアングアンする頭痛の訴え
普段はパートでデスクワークをしているが、5,6時間程度のパートなので、肩こりもそれほどないが、水曜昼頃からグアングアンと頭が割れるような頭痛が生じ始めた。
水曜日は、薬を飲んで痛みは軽減した。しかし、木曜金曜は一日中、頭痛がしんどく、薬で対応しようとしたが、薬が効かなくなり、TRINITYに来院した。

8年前にも同じような経験があり、吐き気や嘔吐もあり、そのときは半月くらいで回復したとのこと。

<症状>
横になっていると頭痛は少し軽減する。
首を回すと頭痛がひどくなる。
頭痛は両側、後頭部から側頭部、目の奥にかけて、拍動するような頭痛。

<経過>
1回目の施術で来院時にあった頭痛は消失したが、夜になると痛みが戻り始めた。
翌朝、寝起きの痛みは軽減していたが、通勤電車で痛みがひどくなり、お昼過ぎにはまた同じような症状になっていた。

2回目の施術でも、まだ痛みが残ったようだが、朝の痛み、通勤時の痛み、仕事中の痛みは半減ほどになった。

3回目の施術で、拍動性の頭痛が消失し、締め付けられるような頭痛が残っている程度であった。

4,5回目の施術は、首周囲の筋肉の調整を入念に行い、施術を終了した。

<担当者コメント>
拍動性の頭痛の多くは偏頭痛に分類されますが、偏頭痛の場合、月に1,2回の頻度で生じる慢性頭痛とされています。今回のケースは、拍動性の頭痛ではありましたが、急性症状であるため、偏頭痛以外の拍動性頭痛。

左に首を回旋させたときに頭痛が悪化し、頚部を牽引させたり、後頭部の筋肉を押圧していくと頭痛が軽減するという兆候がみられました。そのため、頚椎や頚部筋肉の状態が悪くなったために起こる頚椎原性頭痛ととらえ、施術を行っていきました。

頭部を支配している神経や血管は、首周辺の筋肉の間を抜けていきます。頚椎の動きや筋肉の状態が悪くなってしまうと、神経や血管が筋肉の圧迫を受けて、拍動性の頭痛を引き起こすことがあります。
拍動性の頭痛は、カイロプラクティック治療で頚椎の動きや筋肉の調整を行うことで頭部の血液の流れが良くなり、頭痛を軽減させる効果があります。

薬が効かない頑固な頭痛には、カイロプラクティック治療をお勧めします。

整体 横浜
| 肩こり/頭痛/首の痛み(偏頭痛(血管性頭痛)) | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。