RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 35歳 女性 会社員 全身的な身体の悩みで来院 | main | 30歳女性、デスクワーク;変形性頚椎症による腕のだるさ >>
35歳女性主婦;初めて経験するぎっくり腰
1ヶ月前に突然左腰に激痛を訴え、朝激痛で起きるのが困難な状態であった。整形外科に行って鎮痛剤を処方されたがあまり効果がなく、近くの整体に行ったが、そこでは患部を冷やされるだけの治療であったためそれも効果が出ずにこちらの治療院に来院した。
来院時はゆっくりとしか歩けず、歩くと腰に激痛が走る状態であった。
腰が伸ばせないためやや前傾姿勢で来院した。

〈経過〉
初回の施術ではまだ痛みは変わらずあり、歩行もゆっくりであったが、2〜4回目の施術後から朝の痛みの軽減が見られ、歩行も通常の状態に近い速度で歩けるようになった。
まだ左腰の痛みはあり、腰を曲げたり反らすような動作や寝ているときにお尻を浮かそうとすると痛みを訴える。
その後、4回までの施術ではあまり変化はなく、お尻を浮かす動作での痛みは軽減したものの、腰を反らす動作や曲げる動作の時に痛みを感じていた。
10回目の施術で腰を反らせた時や曲げた時の痛みは軽減した。まだ曲げたときの突っ張り感が若干残っている。
現在は2週に1回のペースで継続して施術を行っている。


担当者のコメント

この方はおそらく、元々慢性的な筋肉の張りが強くあり、限界を超えた状態でぎっくり腰になったと思われます。
症状は主に左側ですが、触診してみると両方の腰の筋肉がガチガチに固い状態でした。
また左の骨盤の動きが特に悪く、可動性を消失しているような状態であったため左側に症状を強く訴えたのでしょう。
施術はまず、腰の筋肉の柔軟性を回復することから始めました。その後骨盤の可動性をつけていくような施術を平行して現在も施術を継続しています。
筋肉の柔軟性を取り戻すのは比較的早い段階で可能なのですが、関節の可動性を回復していくには少し時間が必要になってきます。そのため、現在は歩行や起床時に問題はなく、再発する可能性があるため継続的に施術を行っています。


横浜 整体
| 腰痛&坐骨神経痛(ぎっくり腰) | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://case.trinity-chiro.com/trackback/407088