RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 34歳男性 配送業:神経ブロックを打ってから反対の足に痺れが・・・ | main | 高校1年生ピッチャー:ボールを投げたときの肘の痛み(野球肘) >>
43歳男性、建築業;朝起きたときの寝違えの痛み
初めて寝違えのような首の痛みを経験したのは今年の2月で、その時は夕方から徐々に痛みがでた。今回は来院4〜5日前に朝から首に激痛を感じ、整形外科に行って湿布と痛み止めをもらったが、改善がみられず当院に来院した。
検査時には痛みが強く、首をどの方向にも動かす事が出来なかった。
痛みは首から背中の背骨に沿って、両側に存在している。

〈経過〉
1回目の施術で動かしたときの痛みが完全に消失。
上下左右に動かしても全く痛みが無くなり、患者自身驚いていた。
慢性的な肩こりが存在しているため、現在は継続的に施術をしている。


担当 八住コメント

この方の症状は典型的な寝違えの症状と少し違い、背骨の両脇に沿って走行している筋肉に異常を起こしている状態でした。
まず最初に筋肉に対して施術を行なったのですが、若干良くなった程度でした。
問題を起こしていた筋肉が付着している関節の可動性が明らかに低下していたため、筋肉に負担をかけているのだろうと判断して関節を動かすような治療をしたところ、直後に首を動かすと痛みは完全に消失していた。
全ての症状に当てはまるわけではないが、カイロプラクティック治療の独自性である関節の可動性を回復させる施術は筋肉の柔軟性を維持していくためにも大切な要素だと再認識した症例である。

横浜 整体
| 肩こり/頭痛/首の痛み(寝違え・筋違い) | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。