RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 35歳女性;同じ姿勢を取り続けると酷くなる腰痛 | main | 29歳男性が、寝違えを訴えて来院した。 >>
49歳 男性 上腕後面〜前腕後面にかけての痛みと痺れ
1ヶ月前から始まった、上腕後面〜前腕後面にかけての痛みと痺れを訴えている。

<症状の特徴>
・1ヶ月前からで徐々に悪くなっている感じがする。
・腕の症状は、痛みよりも痺れが強い感じがする。
・一回発症すると、30秒〜数分続くが消える。
・一日に、10回位現れる。
・毎日、痺れるが休日の方が、頻度が少ない。
・午前中よりも夕方以降に多発する
・仕事から帰宅途中に多発する。
・左を向こうと首を回すと症状が誘発される。
・左に首を倒すと、症状が誘発される。

<経過>
2回の施術で、30〜40%症状に改善が見られた。一日に発症する回数も減ってきた。
4回の施術で、最初にあった様な強い痛みや痺れは、現れなくなった。
その後、1ヵ月後に来院してもらったが症状は安定していたため、5回目の施術で終了。


担当 黒崎コメント

このケースは、夕方以降に症状が現れやすい、休日には現れにくいなど仕事との関係性が強い症状でした。患者様がどの様な姿勢で仕事をしているのか?どの筋肉に無理がかかりやすいのかを分析してからの施術になりました。神経痛などの症状ではなく、筋肉が発する関連痛が症状を作り出しており、筋肉系の施術と背骨の調整が吉と出ました。
同じ様な症状をお持ちの方が、頻繁に来院します。心当たりがある方はご相談ください。

横浜 整体
| 手の痺れ・腕の痺れ(その他) | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。