RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 39歳男性デスクワーク;3週間前から突然始まった右指の痺れ | main | 30歳 男性 会社員 殿部の痛み腿の痺れ >>
36歳女性 PC業務;頚椎の変形による首の痛み
10年前に交通事故で後ろから追突されむち打ち症になった経験があり、そのころの首の痛みは治まっていたが、1年ほど前から右側の首から肩にかけて酷いこり感が生じ始め、首を回すと突き刺さるような痛みが生じる。
整形外科へいってレントゲンを撮影したところ、頚椎の6番と7番の間が狭くなり、骨がとがっていると言われた。インターネットでTRINITYカイロプラクティックを見つけ、来院した。

<症状>
・デスクワークでじっとしていると右肩がひどくこってくる。
・首を右に傾けたり、回したり、後ろに反らせると首から肩にかけて突き刺さるような痛みが生じる。
・上腕や腕、手の方まで痛みは出ていない。

<経過>
1回目の施術では痛みは3割減とのことで、なかなか痛みが取りきれないが、継続して首の動きと関節の調整を行っていった。
週一回の施術を5回続けて行っていったところ、首を傾けたり回したりしても痛みはほとんど出ない状態になった。

施術間隔を週1回から2週に1回にあけても症状は出なくなった。

現在はデスクワークをしているとどうしても肩こりや腰痛が出てきてしまうので、再発の予防のため、3週に1回くらいの割合で施術を行っている状態です。


担当 日野コメント

交通事故などでむち打ち症を患ってしまうと首が不安定になってしまい、筋肉が緊張しやすくなり、頚椎の関節に大きな負担をかけやすくなってしまいます。そのため、徐々に関節は変性していき、首の動きが制限されてきてしまうのです。

変形して動きが制限され、痛みが生じた頚椎もしっかりと首や肩周辺の筋肉を緩めてあげ、関節の動きが正常に戻れば、痛みはなくなっていきます。

頑固な症状で悩んでいる方は一度カイロプラクティックをうけてみてください。

横浜 カイロプラクティック
| 手の痺れ・腕の痺れ(変形性頚椎症) | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。