RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 74歳女性;正座が出来ない・・・ 片足立ちが出来ない・・・ | main | 32歳 男性 パチンコ店勤務 3日前に起こったギックリ腰 >>
64歳女性;すべり症による脊柱管狭窄症でまともな生活がおくれない・・・
2年前に、お尻〜太もも後面〜ふくらはぎ後面に突っ張るような痛みが現われた。安静にしていたが、徐々に痛みが強くなってきたので心配になり、整形外科でレントゲンを撮った。医師によると、「すべり症による脊柱管狭窄症」と診断された。しばらく通院したが、改善が見られなかったのでインターネットで色々検索している内に、TRINITYカイロプラクティックのHPを見て来院した。
<初診時の症状>
右殿部〜太もも後面〜ふくらはぎ後面にかけて、突っ張るような痛みと痺れ
右すねに、痺れと締め付けられる様な痛み。(この部分が最も痛い)
立っているだけでも、症状が辛くなる。
しゃがみこんだり、座ると軽減する。
30分以上歩く事は出来ない。(座って休憩すると、また歩けるようになる)
起床時が最も楽で、時間の経過と共に症状が辛くなる。
咳やくしゃみなどでは、症状は誘発されない。

<施術後の経過>
1〜4回の施術で、症状に関与する筋肉を緩める操作を行ったが、変化は見られなかった。5回目の施術から、脊柱管を広げるような操作と、パートナーストレッチを徹底的に行った。また、脛腓関節を安定させる目的でテーピングをしてもらった。
それ以降、徐々に症状の程度が軽減してきた。9回目の施術後には、右殿部〜太もも後面〜ふくらはぎ後面の突っ張るような痛みと痺れはほぼ消失。右すねの痺れと痛みは残っている。
13回目の施術後は、右すねの痺れと痛みも軽減しており、当初、30分以上歩けなかった状態が、2時間以上歩けるようになり、旅行にも行く事が出来た。
現在は、月1でメンテナンスに通う程度で、日常生活には支障が現われなくなった。

患者の声


何回か治療を受けていくうちに、背中・腰のあたりがしっかりしてコルセットが不要になりました。とてもつらかった立ち仕事の家事も比較的楽にできるようになり、また、30分程度犬の散歩に行ったり、買い物などの外出も気軽に行けるようになって、気持ちの面でかなり前向きになりました。
先日は諦めていた旅行も実現して、700段あまりのお寺の階段も登ることが出来ました。これも定期的な通院と先生にご指導いただいた無理のないストレッチのお蔭と感謝しております。とはいえ、まだまだ痛みと痺れの強い日が時々あって安定しません。良い状態を続けるための努力を根気良くしていきたいと思っております。



担当 黒崎コメント

この患者さんのように、良い状態を続ける事は可能です。しかし、ストレッチや腹筋運動をサボってしまうと、徐々に再発する危険性もあると思います。なぜなら、脊柱管狭窄症と言うのは、神経の通り道が細くなって神経が圧迫される状態だからです。
整形外科などで、手術を勧められる方が多くいます。しかし、「手術」と言うのは、やはり抵抗があるようで、手術の前に・・・という事で、TRINTIYに来られる患者さんが結構います。色々試したが、効果がなく「手術」を受けられる患者さんが3割程度、7割程度の患者さんには満足頂いています。

手術を受けたが、改善しなかった患者さんも稀に来られます。プレートやボルトで固定されている状態では、私たちがアプローチできる事は少なく、その前に出会えれば・・・と残念に思うこともあります。
手術というのは、最終手段です。その前に、ご相談下さい。

横浜 カイロプラクティック
| 腰痛&坐骨神経痛(腰椎すべり症・脊柱管狭窄症) | 14:13 | - | - | - | - |