RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 30代主婦;原因不明の胸の痛みと言われた。 | main | 30代主婦;産後の腰痛、4ヶ月になる子供を抱っこしながら歩いていて腰痛に >>
59歳専業主婦;脊柱管狭窄症で足を引きずらないと歩けないほどの痛み
今年の5月から、腰痛・右殿部痛・右股関節痛・右大腿外側〜右ふくらはぎ外側・膝痛に悩まされています。整形外科で、L5/S1の狭小化が見つかり、脊柱管狭窄症と診断された。鎮痛剤を飲み続け一時的に回復したが、社交ダンスの練習中に再度痛めて悪化した。
それからは、鎮痛剤も効果なく、神経ブロックも試すが効果は見られなかった。2週間寝たきりで安静にしていたが症状が改善しないので娘の勧めでTRINITYカイロプラクティックに来院した。
<初診時の症状>
・腰痛・右殿部痛・右股関節痛・右大腿外側〜右ふくらはぎ外側・膝痛としびれ
・右足を引きずりながら歩いている。
・数分と座っていられない。
・朝が特に痛いが、起きている間は常に痛い。
・家事なども行えないほど悪い状態。
・駅から、数分の場所でも休憩を入れないと辿り着けない。

<施術後の経過>
1回目は、大腿筋膜張筋・中殿筋など大腿外側の筋肉系に施術を行ったが、直後は軽減するが数分で戻ってしまった。
2回目からは、脊柱管を広げる施術を行い、徐々に改善に向かいました。股関節の牽引を持続的に行ってから、更に改善した。
5回目の施術からは、日常生活で足を引きずらなくても済む様になりました。
8回の施術を行ったが、温泉旅行の計画をたてられるほど回復しました。現在は、2週に1回のペースで継続的に来院されています。

患者の声


病院でも効果がなく、寝たきりで安静にしていても良くならず、先の見えない不安に悩まされていましたが、本当に助かりました。先生に言われたストレッチを続けて頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。



担当 黒崎コメント

脊柱管狭窄症の特徴は・・・・

・長い距離を歩けない
・しゃがみこんでいると楽になる。
・上り坂や上り階段は、比較的歩けるが、下り坂や下り階段は、症状が悪化する事が多い。
・腰を反らせる動作で悪化する。
・立っているよりも、座っている方が楽だ。
・ふくらはぎ外側に痛みや痺れを訴える事が多い。

などなど、思い当たる節がある人は、ご相談下さい。

横浜整体
| 腰痛&坐骨神経痛(腰椎すべり症・脊柱管狭窄症) | 17:29 | - | - | - | - |