RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 33歳 女性 ; 右太もも前面に突然現われた痺れ | main | 31歳 男性 足を引きずるほどの、椎間板ヘルニア >>
38歳 女性 理学療法士;様々な施術を受けてもあまり改善されなかった殿部痛
8ヶ月前から臀部の痺れが酷くなり、毎日痛みを伴うようになった為、来院した。
以前カイロプラクティック施術で殿部の施術を受けたがあまり明確な改善が見られなかった。
仕事柄、無理な姿勢で行う作業が多いためではないかと自分では感じている。
常に鈍い痛みが殿部全体にあり、どの動作でも楽になることがないが温めると多少楽になる。
<初診時の症状>
初診時の検査では殿筋を使わせると腰部痛があり触診上でも殿筋にはあまり緊張が認められなかった。
同じ姿勢を長時間とっていると殿部に痛みが出るが、検査所見では殿部への痛みの誘発はみられず、主に腰部に症状を訴える事が多かった。

<施術後の経過>
検査所見からの判断で、主な痛みは殿部に存在するが施術はあえて腰部に切り替えて集中的に行った。
施術終了後から腰および殿部がかなり楽になったと言っていたため、根本的な原因は腰部にあると考えました。
2回目の来院時には殿部の痛みは消失していたため継続的なケアと共に他の部位を施術対象としていく。


担当 八住コメント

この方の症状は筋筋膜痛症候群といわれる症状だと思われます。
これは、関連痛といわれる痛みを出します。
関連痛とは筋肉の膜が異常を起こし、痛みを訴えている部分が直接的な原因ではなく、ほかの部位が問題を起こしていることによって、痛みを感じさせているような状態のことをいいます。
この方の場合腰を主に支えている脊柱起立筋という筋肉が異常な緊張を起こし、臀部に関連した痛みを出していました。
以前にもカイロプラクティックの施術を受けたようですが、この時は患部である臀部に対する施術が主だったようです。
筋膜痛症候群の場合、根本原因が痛みを出している部位とは違う場所に存在することが多いため、痛みの部位を施術してもあまり改善が認められないことがほとんどです。
検査時では痛みが主に腰でみられたため、筋膜痛症候群の可能性を疑いました。
結果として1回の施術で臀部痛が完全に取れたので良かったです。

カイロプラクティック 横浜
| 腰痛&坐骨神経痛(お尻の痛み・臀部の痛み) | 16:15 | comments(0) | - | - | - |