RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 38歳 女性 理学療法士;様々な施術を受けてもあまり改善されなかった殿部痛 | main | 37歳女性が肩こりと頭痛を訴えて来院した。 >>
31歳 男性 足を引きずるほどの、椎間板ヘルニア
1カ月半前に、朝起きたら腰に違和感を感じた。
以前から腰痛を感じる事はあったが、いつもとは違う感じがしていました。あまり気にしないで仕事をしていると、右殿部と右ふくらはぎに激痛と痺れが現れ始めた。数日間、様子をみていたが、徐々に酷くなり動けなくなったので、整形外科を受診した。
整形外科では、MRIによりL4−S1レベルでの正中部椎間板ヘルニアL4/5の両側椎間関節過形成と診断された。鎮痛剤は効かず、神経ブロックを3回受けて少し改善した。
神経ブロックに抵抗があったので、他の方法を探していたら近所にTRINITYカイロプラクティックがあったので受けてみる事にした。
<施術後の経過>
初回は、痛みが酷く、仰向けになるのもうつ伏せになるのも困難で、休み休み施術を行うほど酷い状態だった。椎間板にかかるストレスを減らす事と、炎症を抑える施術を行っていったが、3回の施術が終わるまでは、患者自身が楽になったという自覚はなかった。
4回目以降から、徐々に軽減している事を自覚するようになった。
8回の施術後は・・・
・腰の真ん中の刺痛軽減
・右殿部の鋭痛ほぼ消失
・足を引きずることなく普通に歩行可能
・体重を右にかけても、大丈夫
・家から駐車場までの、休憩回数が7〜8回に減少
・どの体勢でも睡眠可能

12回の施術後は、家から駐車場までの休憩が必要なくなり、連続歩行が可能になった。日常生活でそれ程困らなくなった。機械関係の現場作業も行えるようになった。長時間、中腰の姿勢で仕事をしていると痛くなるが、休憩すれば元に戻るようになった。
現在も、施術を継続中である。

患者の声


中腰が、今の症状の悪化要因である事は、説明してもらいましたが仕事なのでやらなければなりませんでした。色々な対策を一緒に考えてくれて助かりました。



担当 黒崎コメント

ヘルニアの場合、腰を曲げるような姿勢で症状が増悪する事が多いです。
この患者さんは、現場で働く職人さんでしたので、「中腰じゃないと仕事にならない」「仕事を休んでいられるのも数週間しかない」と言っていましたので、なんとかしたいと思い施術期間を詰めて行いました。結果、仕事にも復帰できました。これからも、再発させないようにサポートしていきたいと思っています。

腰痛で悩まれている人がいましたら、神経痛が現れる前に、ご相談下さい。


カイロプラクティック 横浜
| 腰痛&坐骨神経痛(椎間板ヘルニア) | 10:09 | comments(0) | - | - | - |