RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 40代主婦;頭痛・顎のコリ・肩こり・背中の痛み・腰痛・朝の膝のこわばりの訴え | main | 30歳女性 事務職 腰痛のため来院 >>
33歳男性 老人介護士 歩くのが困難なほどの腰痛
仕事を始めてから2年くらいで腰痛を感じ始めるようになった。最初のうちはたまに痛くなる程度だったが、現在は常に痛みを抱えているような状態である。
腰を動かす動作で激痛があり、前かがみや後ろ反らしで特に痛みが強い。咳やくしゃみで腰に響くような痛みがあり、朝起きる時にも強い痛みを感じる。歩行時にも痛みがあり、仕事上腰に負担がかかりやすいため今後が不安になり来院した。
<初診時の症状>
足を前に出す動作が辛いため、受付から施術室までの距離も大変そうでした。
椅子から立ち上がったり座ったりの動作もきつく、問診をとっている最中でも腰が痛いような状態でした。
腰の前後の動きがほとんどできず、施術もなるだけ体位を変えないで出来るように工夫しました。
通常腰の背骨は前湾といって前側にカーブを描いているのですが、この方は真直ぐもしくはやや後湾しているような状態でした。
おそらく長年にわたって姿勢を気にせず、猫背になっていたり仕事でその状態が更に強調された結果痛みが強くなってきたのでしょう。
腰を支えている筋肉もかなりの緊張状態で固くなっていました。

<施術後の経過>
初回の施術で歩行時および座ってから立つなどの動作がかなり改善され、患者自身びっくりしていた。その後、長時間車を運転する事があり、症状が再発した。
2回目の施術後は当初ほどではないが3日目で痛みが強くなってきた。
3回目の施術後次の4回目来院時には痛みが半分以下で1週間保てた状態であった。


担当 八住コメント

この方の症状は慢性的な腰の筋肉の緊張状態によって起こっている症状でした。仕事柄前かがみになることや、人を持ち上げるなどの動作が負担をかけていると考えられます。
ただ根本的な問題は腰骨の前弯のカーブが少なく、姿勢が常に前かがみのような状態になっていることにあります。
この様な状態は椎間板にも負担をかけてしまう為、おそらくこの方は椎間板も少しつぶれている状態にあるため、強い腰痛を再発しやすいような状態にあるでしょう。
この様な状態を放置したまま腰の筋肉をいくら緩めても、またすぐに筋肉が張ってきてしまい、根本的な改善には繫がりません。
カイロプラクティックでは根本的な改善を目指していく為に、この方のような症状であれば、腰椎の前弯をしっかりとつけていくような施術が必要です。
そのためにはしばらく痛みが治まっても定期的に行っていかなければならないでしょう。


横浜 カイロプラクティック
| 腰痛&坐骨神経痛(腰痛) | 13:51 | comments(0) | - | - | - |