RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 40代男性:肩から腕にかけて突き刺すような痛み | main | 20代 女性 会社員 首の痛み >>
32歳 女性 腕の痺れ
2週間前から右指や腕の痺れを感じるようになった。指が曲がりにくく、しびれ感の他に張るような痛みとジンジンした痛みを伴うようになってきた。
症状は夕方以降に悪化する傾向にあり、温めてあげると楽になる。
肩を捻ったり、腕を挙げたりすると痺れが強くなる。
<初診時の症状>
初診時は指先の痺れと指の曲げ辛さを訴えていた。力が入りづらく、手のひらを閉じたり開いたりする動作が左に比べて鈍い状態であった。
日常生活では物を持つと落としてしまったり、ボトルのキャップが開けにくいなどの支障がある状態であった。
痛み自体は我慢が出来ないほどの痛みではないが肩や腕の筋肉が張るような感じや、指や手のほうがジンジンする痛みに悩まされていると訴えていた。
子供がまだ小さいため、抱っこしたりなどの育児に関連した動作で痛みや痺れを感じることが多い。

<施術後の経過>
初回の施術後の当日と翌日は指の開きが軽くなり、痛みを伴うことも少なかったが、子供の洋服を縫っていたら症状が再発した。しかし当初ほどの痛みや開きづらさではなかった。
二回目の施術後も状態は良く痺れはかなり軽減していた。力の入れづらさはほとんど解消された状態になっていた。
患者が現段階である程度満足できたことと、育児のために施術を受ける時間が無いため3回の施術で終了した。


担当 八住コメント

この方の主な症状は、胸郭出口症候群というものによる可能性がありました。胸郭出口症候群というのは、腕や手にいく神経が首や胸の筋肉で圧迫され痺れなどを出してしまう症状です。
姿勢がやや猫背で、肩が丸まっているような状態だったことが胸の筋肉や首の筋肉を縮めてしまい、腕に行く神経を圧迫していたと考えました。
施術は胸や首の筋肉を緩め、それらの筋肉の付着部である頚椎や肩関節に対して可動性や位置を正していくようなことをしていきました。
施術直後に改善がみられたので推測が正しいと判断し、基本的にはそれらの施術をベースにしていく事に決めました。
その他に考えられたのは、手根管症候群といわれる手首の部分で神経が圧迫される症状の可能性も考慮しました。
基本的に患者が訴えていたのは手首からさきの症状だったので、手首周辺で神経が問題を起こしている可能性も捨て切れませんでした。
しかし、まずは胸郭出口症候群の疑いを考慮して施術してみて、もし変化が見られなければ手根管症候群の疑いに切り替えた施術にしていこうと思い、まずは胸郭出口症候群の疑いへの施術に集中してみたのですが、結果的にその施術のみでかなりの部分が改善されたので良かったです。


横浜 カイロプラクティック
| 手の痺れ・腕の痺れ(胸郭出口症候群) | 20:14 | - | - | - | - |