RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TRINITYカイロプラクティック横浜の症例報告

<< 32歳 女性 腕の痺れ | main | 42歳 男性 会社員 両肩の痛みを訴え来院 >>
20代 女性 会社員 首の痛み
来院当日に、腕を伸ばして前にあるものを取ろうとしたときに突然首に痛みが走った当初は首を全く動かす事ができないほどの痛みで、来院時には少し動かせるようになっていたがそれでもまだ強い痛みが続いていた。

<来院時の症状>
・何もしていなければそれ程痛みはないが、動かすと痛みのレベル7/10。
・頸部の伸展、左側屈、左回旋で強い痛みと動きの制限が見られ、その他において制限は無いが痛みがある状態。
・左後頸部に圧痛。

<施術後の経過>
一回目の施術では、過剰な収縮状態にある筋肉を緩めていき、関節の可動性も減少していたので、痛みの起こらない範囲で徐々に動かしていくことを行いました。施術後、伸展時の痛み・動きの制限は残っていましたが、他の動きに関して痛み・動きの制限は共に改善されており痛みのレベルは3/10。

二回目の来院時には、頸部の動作時痛はあまり感じず、違和感程度。可動域の検査を行ったところ伸展と左回旋において可動域の最後で痛みがありました。
筋肉による痛みは一度の施術でかなり改善がみられていましたが、関節に関してはまだ取りきれていない部分があったため、特に可動性の悪い部分に対して施術を行っていきました。
その日の施術後、どの動きでも痛みや違和感はなくなりました。


担当 新田コメント

首には、頭の重さを支えつつ、さらに頭を様々な方向に動かすためにたくさんの筋肉が存在します。
この方の症状は、首の筋肉の中でも特に後側で頭を支えている筋肉が突然の動作に対応できずに、つった状態のために痛みを起こしているようでした。筋肉は、過剰またはとっさに伸ばされたときに、それ以上筋線維が伸びてしまわないようにと防御反応として収縮が起きるようになっています。
しかしその反応が過剰に起きてしまうと、痛みを起こし、さらにその痛みから身体を守ろうとして筋肉は収縮していくというような悪循環が起こります。多少の痛みであれば、自然治癒力で時間の経過とともに改善がみられていきますが、筋線維を痛めている場合や関節も痛めている場合には、そのままの状態にしておいてもなかなか痛みが取れませんし、痛みのために動きが制限され、治癒に時間がかかることがあります。
突然首に違和感や痛みを感じた場合は、そのうち治るだろうと置いておくのではなく、出来るだけ早期にカイロプラクティックなどで施術を受けることをお勧めします。


横浜 カイロプラクティック
| 肩こり/頭痛/首の痛み(寝違え・筋違い) | 22:24 | comments(0) | - | - | - |